天才と秀才と凡人

皆様、こんばんは。😊✨
台風の影響は、いかがでしょうか?
こちら藤沢は、雨が激しくなってきました。
今日は本当に忙しい一日でした。。。
💖人気ブログランキング

      今は何位かな?
さて!
今日は、ネットから、「天才と秀才と凡人について」を載せたいと思います。
もし良かったら、ご覧ください。^_^
ーーーーーーーーーー
  • 才能は「創造性」「再現性」「共感性」に分かれ、その才能によって「天才」「秀才」「凡人」に分かれる。
  • 「創造性」を発揮する「天才」は独創性溢れる考え、着眼を持ち、人々が思いつかないプロセスで仕事をする。
  • 「再現性」を発揮する「秀才」は論理的な考え、システム・数字・秩序によって確実に成果を達成する。
  • 「共感性」を発揮する「凡人」は感情や場の空気を読み、相手の反応を予測し、場に適応する。
  • 「天才」は凡人に本当は理解されたいと感じており、秀才には興味が無い。
  • 「秀才」は天才に妬みと憧れの相反する感情を持っており、凡人を心の中で見下している。
  • 「凡人」は天才を理解できないから排斥し、秀才を天才だと勘違いする。
  • 天才・秀才・凡人の間を取り持ち、コミュニケーションの橋渡しをしてくれる「3人のアンバサダー」(エリートスーパーマン、最強の実行者、病める天才)と、天才の最大の理解者である「共感の神」の存在が組織を潤滑にする。
  • 「エリートスーパーマン」は天才と秀才のサラブレッド。創造性と論理性を併せ持つ反面、共感性が無い。一代で大会社を作る社長や投資銀行家など、仕事が出来る人間。
  • 「最強の実行者」は秀才と凡人のサラブレッド。論理性と共感性を併せ持つ反面、創造性が無い。多くの人の心を動かし、要領がよく、モテる。会社のエースタイプ。
  • 「病める天才」は天才と凡人のサラブレッド。創造性と共感性を併せ持つ反面、論理性が無い。爆発的ヒットを生み出すも、論理性が無いため再現性が無くムラが激しい。病みやすい一発屋のクリエイタータイプ。
  • 「共感の神」は凡人の中でもとりわけ共感性が高く、天才に対する秀才の感情を感じ取ったり、天才の感情すら理解できる。孤立しがちな天才の心理的な支えとなる。
  • 人が自分の才能を生かすためには、「自分に配られたカードを知ること」、「そのカードの使い方を知ること」が重要である。
  • 「創造性」の武器を活かすには、アート、起業、エンジニアリング、文学、音楽、エンターテインメントとの相性がよい。
  • 「再現性」の武器を活かすには、サイエンス、組織、ルール、マネジメント、数字、編集、書面、法律との相性がよい。
  • 「共感性」の武器を活かすには、言葉、マーケディング、SNS、写真、対話、地域との相性がよい。
  • 自分の才能を尖らせる為には、ストッパーの存在を知り、取り除く事が大事である。
  • 「天才」のストッパーは、「凡人に好かれたい」という思いである。幼いときから孤立しがちだった天才は、大衆に愛されたいという思いがあり、大衆に愛される勝ちパターンを踏襲してしまうと、創造性を失ってしまう。自ら創造した勝ちパターンというコンフォートゾーンを抜け出すことが、ストッパーをはずす事につながる。
  • 「秀才」のストッパーは、「天才への嫉妬」である。自分が優秀でありプライドの高い秀才は、人の心を鑑みない天才に牙を向く「サイレントキラー」になる場合がある。社内政治に走るのではなく、嫉妬というネガディブな感情を乗り越えることがストッパーをはずす事につながる。
  • 「凡人」のストッパーは、「秀才への憧れ」である。秀才に憧れてしまった凡人は、自分を大きく見せようとし、とってつけたような「他人から借りてきた言葉」を用いてしまう。しかし、それは直ぐに人に見破られ、軽率な印象を与える。共感性を活かすには、「ありのまま」「自分の言葉」を語るべきであり、それが人の共感を呼ぶ「ストーリー」になる。自らの挫折経験や失敗経験を恥じることなく白状する事が人々の共感を集める。
  • 現在は、SNSを通じて誰もが情報を発信できる時代になった。
  • そのため、このようなツールを活用して自分メディアを発信する凡人が多くの仲間の共感を得て、才能を開花させる。
  • 誰しも、自分に配られたカードでしか勝負する事はできない。
  • そして、自分にコントロールできるものと出来ないものが世の中にはある。
  • 自分に配られたカードを、コントロールできる範囲で活用していく事が、自分の中にある「天才」を発揮する事につながる。
ーーーーーーーーーー
どんな人の中にも、天才と秀才と凡人が存在しているんですって。
あなたにも、当てはまるところはありますか?
これを知っていると、周りの人間関係もスムーズにいくかもしれませんね。
でも、昨日のブログに書いたとおり、
「同じ周波数は引き寄せ合う」
のですよ。
例えて言えば、ラジオの周波数。
チャンネルを合わせると、そのラジオを聴くことができますよね。
この世界には、目に見えないものがほとんどを占めています。
電波もそうですね。
イメージするなら、私たちの頭の上を、沢山の電波が色んな色の線のように飛んでいて、それが繋がっている感じ。
もしも、電波や音楽が目に見えていたら、どんな世界になっていたでしょう。
まず、空間はなくなるでしょう。
そして、膨大な目に見えないものの中で、同じ周波数とは繋がれるんです。
そう考えると、不思議な感じがしますね。
さて。
明日は早朝からバタバタします。
そろそろ寝ますね。
明日も皆様にとって素晴らしい一日になりますように。💖✨
いつも皆様の幸せをお祈りしております。💖✨
川添雅恵

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://ameblo.jp/mkpiano54/entry-12522937554.html