小西米プロジェクト The Odyssey-33 鯉の里は米の郷

e0398115_18140713.jpg
此れがコシヒカリの反別標準収量の4割増しの魔神田・・兎に角、昨年同様出来過ぎですね

穂が重すぎて総倒れ、あまりの見事な倒伏ぶりに声も出ませんね!昨日の映像です

e0398115_16294698.jpg
そして本日の映像がこれです。一面様変わりしましたが、案の定、収量の多いの何の・・

稲穂も長けりゃ、米粒自体がえらく大きいので、支えきれない訳です。流石は魔神田です

この傾向は後3年は続くのではないかと思います。倒伏しなけりゃ最高ランクの圃場です

e0398115_18065641.jpg
軽トラ横、手前の田圃は刈り入れ時です。色が緑の田圃は品種が違うのです

私はコシヒカリ作付のみですから、此処からが勝負ですね
e0398115_18012010.jpg
池上げ近くになると朝一番の光景はこんな感じです。花火の様に見えますね

これは、1巡目の銀輪紅白でしょうね

王地株式会社 IR
9月10日付
王地株式会社 代表取締役会長
栗末茂雄で御座います
本日から刈り入れ作業の始まりです
季節柄、続々台風が来襲する事を鑑み、圃場条件の特に良い圃場と
魔神田とも云うべき、度を越して出来過ぎの倒伏田から作業開始です
天気予報は昼を境に降雨となっており、人一倍手の掛かる倒伏状態だけに
午前中でどれだけ勝負が可能か?倒伏稲のコンディションを見ながらの作業
稲起こししながらの作業は、通常の倍近くの時間を費やしましたね
倒伏していても完全に倒れ切ってないので、稲穂のコンディションも心配無し
此れで圃場が柔らか過ぎたりしていたら大事ですが、この圃場は水の抜けが良く
乾くと田圃の中迄軽トラで入れる固さで、倒伏さえしなければ作業性は優れています
作業をして行く内に矢張り昨年同様、明らかに収量が多い、それに米粒自体大きい
去年、作業中に米袋が足りなくなり、大慌てで追加の袋を家に取りに戻りましたが
今年は去年同様の収量に成りそうなので、余裕を持って臨みましたが・・
結局、余分をほぼ使い切る事となり、ヤレヤレでした
昨年と今年の大きな違いは、去年と比較して明らかに米粒自体が大きい
其れだけ大きいと云う事は成長過多で、胴割れしてる米粒の割合も多いのですが
無作為にサンプリングして見ても、その様な傾向も無く上々な感触ですね
昨年は、米粒自体の大きさは標準其の物で、収量自体が秀でてる印象でしたが
本年は、米粒自体が明らかに大きい、だから体積が増えて昨年とは表情を変えた
増収の印象です。魔神田恐るべし!小西養殖場の養殖池から一番果ての圃場ですが
圃場のポテンシャルもさる事ながら、其れを更に引き上げるのが養殖池の水です
其の外の、『 小西米 』認定圃場についても、明らかに出来過ぎで
台風前に可能な限り刈り入れをしなければ・・ヒヤヒヤしながら圃場を確認です
 小西米 』認定圃場以外の主力商品である『 龍の雫 』との違いは
管理水系の違いのみです。但し細かく観察すれば『 小西米 』の方が
稲穂の長さと米粒の数、大きさが明らかに大きい
だからといって『 龍の雫 』自体が劣る訳でも何でも無く弊社では
あくまで主力商品は『 龍の雫 』であり『 小西米 』については
輸出の旗頭でもある、別格中の別格ハイエンドブランドである商品です
2つのブランドに共通するのは、全て共通の栽培管理をしている事
違いは、管理水系の水の違いのみです
もうすぐ、令和元年初めての販売を開始致します
今暫くのお時間を頂き、刈り入れから精米に移行致します
では
王地株式会社
OUJI corporation
https://www.konishimai.life



#imgYdn div { border: none !important; }
#imgYdn div div { padding-top: 15px !important; }
#imgYdn div div a { border-bottom: none !important; }
#imgYdn div a:hover { background: #ffc!important; text-decoration: none!important; }
#imgYdn div dt { text-decoration: none!important; }
#imgYdn div div p { font-size: 10px!important; }
#imgYdn div p a { color: #919191!important; font-family: Verdana, Arial, sans-serif; }
#imgYdn div p a:hover { background: none!important; border-bottom: none; }
#imgYdn dt + dd { padding: 2px 0 3px!important; font-size: 11px!important;
font-family: Arial, sans-serif;
filter: alpha(opacity=60); zoom: 1; -moz-opacity: 0.60; opacity: 0.60; }

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://konishimai.exblog.jp/28566941