会社員とフリーランスどちらがよいか?

私は会社員のクリエイティブ

ディレクター・コピーライター

からフリーランスの

クリエイティブディレクターになって

5年が経過しますが、

よく、どっちがいいかと問われます。


どっちがいいか、は

人による。


と思ってて

でも多かれすくなかれ、

同じです。仕事ですから。


今でも

お誘いがあると

あ、また広告代理店に

入ろうかな、と過ぎる

こともあるけど

もともと会社員に向いていないので、

そこは同じ失敗を繰り返す、と、笑


クリエイティブでなければ

私なんてただの問題児です。

破天荒なことばかりしちゃうし

会社のルールとか知らんがな

ってやつでしたので・・

上司とも喧嘩をするし

社長とも言い合いになったり

代理店のクリエイティブは

ある程度時間が

定められていないので、

フリータイム、

つまりは

会社にいかなくても

どこにいても

結果が出せればいい、

というポジションではあったのですが

賞やプレゼンをガンガンとってれば

会社にいかなくても誰も何も言わない


だけど、スランプで賞や

プレゼンがとれないと

風当たりが強くなる、

そんな世界でしたので。


にしても

会社員時代は

ほんとにダメ子でした・・・笑


なので、私は今の方が

心地よく仕事ができているので

結果、会社ではない方がいいかなと。


だけど

安定がないので

常に不安です。 

父の借金返してましたから

預金なんてないですし。

年金も不安です。

倒れたらそこで収入も

何もかもなくなるわけで

綱渡りですしフリーの仕事は、

相手が変わればなくなることも

多々よくあること。


ただ、

私はただひとつ、

自分からご縁を切る

ってことだけはない

ようにしてます。


相手から仕事のいざこざで

または私のスキル不足で

またはソリが合わなくて

ご縁を切られる、はあっても

自分からそのご縁を切ったり

はけしてしない、と。


そもそも奇跡的に

出会って同じ目的に向かって

仕事をしてるわけです。


もちろん仕事ですから

イライラすることもあるし


もーー!!!!

こんな仕事もうしないぞっ


って蹴りを入れることも

ありますが、笑


だけど


冷静になるべきで



うーーむ、この会社

ここがきっとこうだから

こういうことになってるんだな。

仕方ないな


私に何か改善できることはないかしら



って思うようにしてるんです。

おこがましいですけど

お互いに成長していけるのが


仕事ってもんだから。


それぞれ

会社にいると言えないことも

私なら言えるので

相談されることもありますが

そんなことも全部墓場

まで持ってくので、

逆にどんとこい、なんです。



会社員かフリーか、

これは向き不向きの問題で

結局仕事はどれも同じ

win-winが基本

どっちが偉い偉くないではなく


どんな価値を世の中に

届けていけるか

もちろんビジネスなので

お金が巡るのも大前提。

そこを否定するとおかしな

ことになる。


気持ちよく仕事をして

時に言い合いながらも

いいものを生み出し

社会にお金を巡らせる

そして思いも同時に巡らせる


それには

どんな仕事相手にも

尊敬の気持ちを持ってのぞむ。


これ以外にありません。



どちらが得か、


オーラ話にも

これ、入れていかねばですね。笑






昨夜、

マンナさんと福内さんと

マンナさんの快気祝いを

しました。


私たち三人は

表参道のアートショウの

打ち合わせと称して

定期的にご飯会をしてますが


久々だったので

もう、嬉しくて

そして

この日を福内さんと私、

実は時々会って、

待ちわびていたんです。



この三人でなければ

表参道のショウは成り立たない!!


このチームに会いにきてくださいね。

12月・・ですけど


まだまだ先がそうでもない、と笑


あっという間に9月も折り返しますから

年末はすぐそこです!!!





ち、

ちなみに


けいこさん

復活おめでとう


とオーダーした




きえこさんに

なってでてきて


しばし沈黙




のち



大爆笑





きえこ?



どしたら


きえこになったんや




からの

マンナけこさんが

写真とると

謎の東京スタンプが

ではじめ、、笑


↑右下の、、




からの


帰り道に

突然叫び出す

女性と

すれ違い、、



もしやこれ

モニタリングかなにか?


と、思いました。笑笑


ま、


いっか。笑笑


笑いは全てを救う





引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://ameblo.jp/nishimari1025/entry-12524090930.html