やっぱり効くらしい「施主の一声」

こんにちは!はるです。

 

 

 

 

 

昨日は仕事がパンパンで5時過ぎまで残業。

 

 

 

 

帰り現場へクーラーボックスを取りに行きましたが、すでに6時前だったので誰もいませんでした。

 

 

 

 

 

夜。いくつか連絡事項があったので社長に電話。

 

 

 

 

一通り連絡事項を話したあと、心配していたことを聞いてみました。

 

 

 

 

はる「外壁はどうなりました?」

 

 

 

 

社長「ああ!すみません。明日から外壁入ることになりましたので!」

 

 

 

 

おおお!やっとですニヤニヤ

 

 

 

 

昨日も午前中はかなり激しい雨が降っていたはる家地方。

 

 

 

 

 

今週末からの連休も荒れ模様の予報ということで心配していました。

 

 

 

 

社長「監督が外壁屋に言うて、明日から入れることになりました。」

 

 

 

 

やはり棟梁に言われた、「施主の一言」が効いたのでしょうか??

 

 

 

 

はる「そうなんですね、よかった!何日ぐらいかかるんですか?」

 

 

 

 

明日から始まるとはいえ、すぐに全部は貼り終わらないでしょうし、まずは今週末の雨を無事乗り越えられるのかが気になります。

 

 

 

 

社長「1週間はかかるんですよね…

 

 

 

 

なんで、監督が貼り終わってないところは全部ブルーシート貼るように言うたそうです。

 

 

そんでボード貼っていくところはブルーシートその都度はがしながらやるので、雨は大丈夫やと思います。」

 

 

 

 

おおお!磯山監督…昨日の記事へのコメントでは「やはり監督の力量か…」なんて言われてましたが、

 

 

 

 

 

しっかり言ってくれるところは言ってくれたみたいです!

 

 

 

 

 

はる「それは安心しました。監督さんって、人当たりよさそうなんで、正直その辺どうなんかなーって思ってたんですよね笑」

 

 

はる夫婦にはとても優しい印象の磯山監督でしたが。

 

 

社長「いやー、あれで結構言うときは言いますよ。僕も傍で聞いとって、『そんなによう言うなあ』ってぐらい言いますもん笑 

 

まあ僕らもよう怒られるんですけどね笑」

 

 

 

 

あの磯山監督が…

 

 

 

 

 

や、やるやないかい真顔

 

 

 

 

さすが男性が多い建設業界で監督として仕事をし、

 

 

 

 

社長のようにこだわりの強い提携先からの依頼をまとめているだけのことはあるようです。

 

 

 

そうとなれば、やはり施主としても言うべきところはしっかりと言う甲斐があるというものです。

これからも

たまに使おう

施主の一声はる心の川柳

はる「それは頼もしいですね…

あのー…監督さんって…磯山さやかに似てません?」

勢いで聞いてみる笑

社長「ええーどうですかねー?そういう風に見たことないんでー。仕事の仲間としか…」

はる「いやあ、私は似てると思うんですけどね。可愛らしいですよ。」

社長「そうですかあ?じゃあ…

これからはそういう風に見ますわ。」

そういう風って…

どういう風真顔

監督、すまぬ…

 

 

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://ameblo.jp/haruocci/entry-12527091899.html