店に、柴田昌孝が、いない。

🔵店に、柴田昌孝が、いない。


今日は、

少しカミングアウト?

話を手短にしたい。


 僕が30歳の時、法人化して、社長になり


1号店をアピタ砺波に出店した際。


ぼくは、毎日、誰より早く行き、


最後に電気を消して帰った。


休みなく。360日すべて。


そこには、


僕と共に日々、悩み、喜びんだ、


同志とよぶスタッフ達がいた。


彼女らは僕の売り方を真似た。


のお客様第一主義接客は、


そのまま、

パートにまで、感染し、


店は一体化し


店すべてに

「お客様満足」が、表現できた。


初年度、3500の店は、


翌年には、なんと、7000


3年目に、9800まで、伸び、


4年目にして、1を超えた。


実に、初年度の300%


僕は、石川県に出店する事を決めた。


次の店も、僕は毎日通い、接客指導した。


アピタ松任の売上は、2億を超えた。


次のアルプラザの店は、1億。


4店舗目のイオンモール高岡の店は、

なんと、2億5000万超え

1ヶ月、2,000万の売上である)


出す店、出す店に、柴田は、入り込んだ。


そして、

ナンバーワン売上を叩き続けた。


これが、我が会社が、

急躍進した秘密だ。


それが15店舗を超えたあたりから


僕は、現場に顔を出せなくなって行った。


それ以外の仕事で、回らなくなる。


すると、売上があがらない。


後半にだした店。どの店に行っても、


そこに柴田昌孝の色は

いなかった。


スタッフの柴田昌孝化が、

できていない。


売上も思うように作れず、もがいた。


40店舗を超えると、

ますますだ。


これじゃ、


僕が店運営やろうが、他の誰がやっても


同じような店が、目の前にあった。


「僕の色が出ていない、ほったらかしな店なんて、誰がやっても一緒じゃねーのかっ‼️


と、現実に目の前にある店と


僕の頭の繁盛店イメージとのギャップに


多店舗化する意味を

自分に問いた。


そろそろ文字数的にしめたい。


何が言いたいか?


我が社の独立後の


スタートダッシュは異常だった。


最初4店舗の売上計は、7億円。


では、晩年の店との違いは?


店とは、

人の想いがあるか?

人の想いがないか?

で、きまる。


僕のいた店は「店はこうあるべきだ」という想いがあった。


そして、伝わった。


だから、お客様は、その賛同者であった。


そして、スタッフも、その賛同者だった。


なんの思想か?


お客様様満足のあくなき追求」です。


そして、社長の僕から、バイトまで


その求道者だった。


ただ、高い時給で、

ボーっと立ってる今の店員より、


給与はすくないけど、

誇りと自信とやりがいがあった時代だ。


決して、昔は良かったなんて言うつもりはない


が、もう一度、

「店員のやりがいある幸せな環境」

を深く考える時だと思うがいかがだろうか?


では、👋

(え、まとまってない?😅💦。お許しを(笑))

ーーーーーーーーーーーーーーーー

🔵今日の写真/「昨日は、エディスリマン」


昨日は、午後から


僕の北陸で

唯一のサポート企業でもある

 カフェにいき、ロープレをした。


僕は、いつも自分自らでロープレをやってみせる。


やはり、ビシッと決めたいので。


ビシッとネクタイで参上!


大好きなエディスリマン

に決めてみた。


スリマンの、Dior時代の

ナロータイ

スリマンの、サンローラン時代の

リングブーツ。

黒い細いスーツに、アンティーク時計。


完璧じゃないかっ‼️(笑)


(ロープレと、何が関係あるのか?って?苦笑)



昨日は、男性の「たかし」が、

店員、僕がお客様役で、カフェロープレ。


こうして一人一人の接客技能をあげ

研修で、CSマインドを徹底的に、頭に叩き込む。

  

すると、お客様が、好きな店が出来上がってくる。


頑張れ!

たかし‼️


今日は、これから東京事務所に。


では、出会いと自分を

大切にお過ごしください。

See you!

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://ameblo.jp/shibamasa0119/entry-12529091749.html