おおきな木

シルヴァスタインの絵本を、村上春樹が翻訳して新登場したことによって、ベストセラーになっているようです。
内容をここで紹介すると申し訳ないので、ぜひ買って読んでください。
でも、村上春樹のあとがきだけご紹介しますね。

「…あなたはこの少年に似ているかもしれません。
それともひょっとして、両方に似ているかもしれません。
あなたは木であり、また少年であるかもしれません。
…物語は人の心を映す自然の鏡のようなものなのです。…」

ね、このあとがきを読んだだけでちょっと読んでみたくなりましたでしょ。
うちのサイトではこの絵本のように、木に関することが書かれている絵本をおススメしているページがあります。
(そこからご購入もいただけます。)
絵本は雰囲気のある絵と短い文章の魅力が混ざり合い、心に響くものがあります。
ワタシが子どものころに読んだ絵本が今でも子どもに読まれていたり、時代を超えたメッセージ性があるところも好きです。
ちょっと高いのが難点ですが…。

木木木木木木木木木木木木木木木木木木木

  ワタシのお店
   木質材料専門店 エコモク
   木の雑貨専門店 comoku
   いろんな合板専門店 @合板

木木木木木木木木木木木木木木木木木木木<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/ecomoku/e/d8a8293fc9df59b17470d71fef74ae3f