カブトムシとクヌギ

Q:大工さんは、小学生が将来やりたい職業の第何位でしょうか?
A:第四位です。

 
うれいしかぎりです。
日本人のものづくりに対する潜在的な尊敬度が高い証拠ではないかと思います。
 
Q:小学生が知っている木の種類は何でしょうか?
A:クヌギです。
 
驚きの答えです。
杉か桧だろうと思っていたのですが、クヌギなんて!
クヌギとは、ブナ科でコナラと兄弟ともいえる木です。
コナラと大きく異なるのは、樹皮が灰褐色で厚く、コルク状であり、独特の縦の裂け目がある点です。
比較的湿気の多い土地に生えています。
材は硬く、薪炭、椎茸のほだ木に利用するほか、樹液にはカブト虫やクワガタが集まることで有名です。
そうです、だから小学生がクヌギのことをよく知っているのですね。
甲虫王者ムシキングの世界です。
めちゃくちゃ流行っていますが、私にはさっぱり分かりません…。
硬くなったゴキブリのように見えてしまいます。
いずれにしても、子どもたちが木のことを知ってくれるのはうれしいです、はい。

≪eco-moku エコモク≫
<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/ecomoku/e/b88e1e94f410d9237e31bb835d97b9ed