ナチュラルローソン

便利な世の中になりました。
うちから歩いて2分くらいの距離に3軒ものコンビニがあります。
先日そのうちの1軒が閉店したかと思ったら、ナチュラルローソンとしてリニューアルオープンしました。
新しい物好きの私としては早速チェックしに行き、お弁当を買うとなんとビックリ、素敵な割り箸が付いてきました。
「ナチュラルローソンは木づかい運動を実践しています。」
「国内産杉を製材した後の端材を有効利用し、1本ずつのお箸にしました。」
日本の割り箸はもともと端材利用されたものでしたが、かつての間違った環境保護運動によって割り箸バッシングが起き、国内の割り箸製造業者が軒並みつぶれてしまい、割り箸の大部分を中国からの輸入に頼らざるを得なくなってしまった苦い経緯があります。
ローソンさん、分かっていらっしゃる!
木を使わないことが環境保護なのではなく、木をうまく使うことが本当の環境保護なのですよ。
最近のローソンさんはなかなかいいです。
健康に配慮した品揃えを充実させているナチュラルローソンでは、合成保存料や合成着色料を使用した食品の取り扱いを止めたり、原材料は国産使用を優先したり、日用品は出来るかぎり地球環境に配慮した商品を置いてあります。
その他、生鮮食品の品揃えを増やしたSTORE100という店もできているようです。
画一化されたどこにでもあるようなコンビニとはちょっと違いますね。
応援しますよ、ローソンさん。

ちなみにローソンは、アメリカのオハイオ州でローソンさんが牛乳販売を始めたことが起源です。(タコ社長)

≪eco-moku エコモク≫<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/ecomoku/e/af156bdc7970425cc646d1d30feaf2d9