ボランティアに必要な四つの性

ボランティアについて少々考えてみたいと思います。
ウィキペディアによると、ボランティアとは自発性、無償性、利他性、先駆性に基づく活動とされています。
最近では、無償性の原則に関してより柔軟に考えることによって、有償ボランティアが出現し、受け入れられてきているのが現状だそうです。
だとすると、今ワタシが仕事をしている佐久間木材でやっていることもボランティアって言えるのでは!?

自発性・・・もちろん自分からこの仕事を選んでやっているからOK。
有償性・・・報酬を得ているからOK。
利他性・・・社会のためになっているからOK。
先駆性・・・んん、これOKって言ってみたい、堂々と。

ボランティアをやって思うことは、上から目線で「やってあげてる」というのはダメですね。
まさに自発性が大事です。
volunteerの語の原義は「志願兵」だそうです。
仕事においてもこの自発性がとっても大事なことだと思います。
仕方なくやっていると考えているのではダメです。
つまらないし。
自ら動く、自ら働く精神が必要で、さらにそれに先駆性(先見、創造、開拓)が加わればいい会社になるし、いいボランティアになれるでしょう。

木木木木木木木木木木木木木木木木木木木

  ワタシのお店
   木質材料専門店 エコモク
   木の雑貨専門店 comoku
   いろんな合板専門店 @合板

木木木木木木木木木木木木木木木木木木木<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/ecomoku/e/534c96f7edb2d07a2748f49a95541d8d