和の衣で木の館へ

場所は上野公園の鰻屋、伊豆栄(梅川亭)。
桜がちらほら咲いている夜。
この日は東京商工会議所青年部のU幹事長最終例会。
この日のために仕立てました。
初めての着物。
生地は父の形見です。
なんだか噺家のようになってしまいました。

毎度バカバカしい話をおひとつ。

男が思いきって彼女に告白しました。
「ねぇ、君、キスしてもいいかい」
『またにして』
今度は女が告白しました。
『ねぇ、キスしてもいい』
「たまにならいいよ」

おあとがよろしいようで。
いや、このブログで下ネタはよろしくないでしょ<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/ecomoku/e/617147c86c32202d1aad41b152446bda