完全写真マニュアル改訂版

私がバックパッカーだったころ、海外でちょくちょく写真を撮りました。
デジカメはまだない時代です。
撮ってもどんなふうに撮れたかは、現像してみないと分からない。
フィルム代も現像代もかかるので、パシャパシャ撮るのももったいない。
高価なカメラは持っていませんでした。
持っていたとしても、海外には持っていかなかったでしょう。
バックパックの中身はすべて盗まれてもいいものばかり。
そのほうが気楽に歩けます。
一番盗まれたくないものは思い出の詰まったフィルムでした。
撮り終わったフィルムを現像し、旅の途中で出来上がりを見るのも楽しみでした。
撮り貯めた写真を集めて、日本で写真展をやったこともありました。

そして、今でも写真を撮るのは好きなのですが、それ以上に荷物を持ち歩くのが嫌いで、カメラはケイタイのみになってしまいました。
デジカメで撮るのはこんなような商品写真のみです。 

<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/ecomoku/e/e620468bf36db5e33f96758ae58d0da5