水銀灯よ、さようなら。

四十年以上、会社の倉庫を照らし続け、数々の物語を見守ってきてくれた水銀灯に、さよならする時が来ました。
うちの木材倉庫の天井に十四カ所。
高所に関わらず、ぶつけて壊れっぱなしだった水銀灯もありました。
スイッチオンしてから明るくなるまでに時間のかかる水銀灯は味がありましたね。
しかし水銀は2020年に製造も輸出入もできなくなります。
いずれ取り替えなければならないなら、今のうちに消費電力の少ないLEDにしました。
小型化していますね。

これからうちの会社の倉庫を末永く照らしてくれるでしょう。
そしてこのLEDよりも永く繁栄し続ける会社でありたいと思います。

<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/ecomoku/e/e2b973513ba2c7c6211229c111629a72