第9回グリーンパークトライアスロン in 加西 レポ

2019.9.29 天候:晴れ 気温:28℃くらい

大弾幕

今年は、MBSちちんぷいぷいの山中アナが出場予定で、

40代のエントリーが約90名と凄いボリュームゾーンでしたが、

山中アナは足首ねん挫でDNS

加西は近場でエントリーしやすいのでいいのですが、

加西市主催の為なのか、町おこしの一環事業で、

前日競技説明会強制参加が、なんとも・・・

今回は、バイクコースの変更はよかったと思います。

危険で無駄なコース取りコーナーが回避されてホッとしました。

ランコースは、いつもと逆回り(時計回り)。

トランジションの規則がめちゃくちゃ厳しくて、

ラン用キャップも出していてはダメで、

ウエットがはみ出ててもペナ対象になります。

規則は厳しいわりに、トイレのトイレットペーパーが、

まったくなかったり、スイムアップ後のシャワーが無かったり、

いったいこったい、エントリー代どこに使ってんの??って感じ。

でも、

試泳タイムはたっぷり時間を取ってあったので良かったです。

入水前のストレッチ体操は、いつもの体操おばちゃんは国体監督で、

不在の為、我らが松永大将が代打登板されていました。

けど、

ここからが長い。

チップを受け取ってから、入水まで炎天下の中30分も待ちぼうけ。

今回のスケジュールといい内容といい、どないなってんねん??

入水前の「鏡花水月」集団

鏡花水月

ため池は無味無臭ですが、藻と仲良くしなければいけません。

スイムスタートは1組目

ows

バトルを避けて、目いっぱい大外刈りで回りました。

2週目からは、3組目の方々を避けながらと、ちょっと無駄な泳ぎになりました。

swim up

バイクはアベ40キロをキープしたかったのですが・・・

bike2

bike1

バイクでは、このパートで時間稼ぎしておきたかったのですが、

ラストゴール手前1.5km付近で緊急停車命令。

事故で救急車が入っているそうな?

奇しくも、5分のタイムロス

sped

bike deta

T2でランキャップをトラバックに入れていたのですが、

ウエットスーツを押し込んで入れたため、

どこにあるのかわからず、キャップを諦めて、

グラサンチェンジだけしてスタートしました。

ランの時間になると気温が上昇して体力を奪われまくり。

ついものことながら、エイドで用意されている紙コップの水がぬるくて、

水なのかアクエリなのかわからない。

ボランティアさんも、テーブルを挟んで渡してくれるから、

選手同士がぶつかりそうになって危ない感じでした。

run

日陰もほとんどなく、キロ5分ではしるのが精いっぱい。

run time

run map

ヘロヘロでなんとかゴールしました。

finish

total
time

結果 

Time 2h32m57s 総合44位  50代4位

ここの表彰別は、29歳以下、30代、40代、50代、60歳以上の括りで。

JTUルールなら、5歳刻みなんですけどねぇー。

表彰式は、各1位のみ。3位まで壇上に上がりますが、写真タイムも無し。

なのに、40代表彰の時は、山中アナのインタビューに時間を取って、

行政ファースト感満載でした。いつものことですげど・・・

せ・め・て、

2.3位の方も以下同文でいいので賞状くらい、

手渡しする時間あっても、

いいんじゃないのでしょうか?

結局5分強制停車のタイムロスは総合タイムら反映されず、

停車さされなかった方や、ランに入っていた方はそのままって、

公平なスポーツマンシップな競技だというなら、

公平にタイムカウントも行ってもらいたいものです。

強制停車を非難しているのではなく、

人命救急なのだから当たり前の対応だと思いますが、

強制停車も2回もさされて、

下手すれば、集団落車にもつながる状況でした。

警備員も優柔不断な対応で、

一人目は行けといい、数百メートル走ると、

別の警備員がまた止まれと命令するし、

そのたびに、時速40キロからの急ブレーキ、タイヤロック・・・

危険極まりない指示の出し方。

そんな状態から後車に手信号を出す時間も無く、

二重事故になりかねなかった。

今回の加西にはあきれまくりでした。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://deltatt.livedoor.blog/archives/52108969.html