台風19号の爪痕(10/13)

皆様、台風19号の被害は大丈夫でしたでしょうか?

年々、ハリケーン化する台風に恐怖を感じていましたが、ついに、自分自身にも直接的な災いが降りかかってきました。

朝起きてテレビを見たら、あれ、見慣れた新幹線基地が水浸し
ASA_Shinkansen
ここは、当社の「ナガノファクトリー」のすぐご近所です。

他の報道を見たところ、被害の状況が一目できました。
ASA_Youtube
これはもう大変、ということで、朝食もそこそこに現場に急行。

途中、河川敷を走っていると、いつもは河原に畑地やサッカー場があるのですが、既にそのようなものは何もなく。
091615
野次馬が多すぎるので、途中から徒歩で現場に。
徐々に、水の浸食があるのがわかりました。
095432
現場についてみると、2メートルくらい、冠水しているようでした。
100232
奥の方に、当社のファクトリーがあるはずなのですが、自動販売機の姿さえみえません。
100308
お向かいの日立建機さんもこの通り。
100223
ファクトリーの裏側から見ると、こんな感じで、シャッターの半分以上が水没しています。
101054
ということで、来週からの仕事は急遽、ファクトリーの被害の確認と掃除、そして、その後の対策に充てようと思います。

当社では、ファクトリーの保険として、火災に風害を加えていましたが、まさか水害とは思わず未加入なので、自助努力となりそうです。早速リストを作って被害額を算出しましたが、かなりな数字でした

幸いにも、今期にお納めする商品の仕入れが今月中旬以降だったので、これまでため込んだ在庫商品を除いては、今期の高額商品は被害を免れました。しかし、チッパや社用車、計測器のデモ機、ファクトリーの事務所など、日ごろの業務に使う備品類が完全に水没しているので、今後が心配です。

実は、2ヶ月ほど前、長野市からハザードマップなるものが配布された際には、一応、当社の事務所やファクトリーがある場所を確認していました。

地図は「千曲川・犀川・裾花川・浅川・鳥居川・蛭川【想定し得る最大規模の降雨】(1,000年に1回程度の降雨に対応する浸水想定)」と銘打たれていました。

ファクトリーは「長野工業団地」内ではあるものの、元々湿地を埋め立てた場所なので、常々、水に対して危ないなぁとは思ていました。しかし、長野市のマップは近くの「浅川」が氾濫した場合の想定だと思い込んでいて、「まぁ千年に一度だというし良いか」と思って水害の保険は追加しませんでした。
長野市ハザードマップ
その認識の甘さがいけなかったのですね。
Googlemap
顧客の皆さまにご迷惑をおかけしないよう、できうる限りの努力は致しますが、今月中くらいは、少々手間取るかもしれません。ご不便をおかけしますが、お許しください。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://blog.livedoor.jp/labforest/archives/30539520.html