クモの糸

雨の後、日光にきらめくクモの巣を見つけました。


飛んでいる虫を捕獲するためのクモの巣。


昔、家の庭にあったときには
なんだか、自分の家があばらやに思われると思ってしまったりとか
少し不気味に思ったりして
クモの巣は取り払っていました。

払うときに手を使ったときはもう最悪。
細い糸なのに手につくと、ねちゃねちょかたまって

なかなかとれなくて困りました。

 

こりゃ一度ひっかかったら

虫、逃げられへんわ~と思いました。

でも、考えてみれば、
生きていくために食料を手に入れるためのクモの工夫ですよね。

 

それに、田んぼなどで害虫を食べてくれるので

クモは益虫なんですよ。

 

取り払っても取り払ってもクモの巣が多いということは

それだけクモの餌になる「害虫」も多いと考えられるので

それを駆除しなさいよという

クモからのサインなのかなと思ったりもします。(吉川P説←偏見 笑)

 

 

セアカゴケグモは、毒グモとして有名ですが

刺されないように気をつけないといけないけど

セアカゴケグモも人間をやみくもに攻撃してくるわけではなく

こちらからアクションをかけないかぎり

自分から攻撃はかけてこないので、

素手でさわらないようにすれば大丈夫ですしね。

 

また、巣を作らない種類のクモもいるそうですね。

 

さて、話をもどして、クモの巣ですが、
実はその形には妖しげな
美しさがあるなと最近思うようになりました。

子どもの頃、

なんでクモは自分自身の巣にからまないんだろうと
不思議に思ってました。

僕は自分で作った落とし穴に、自分ではまったことがあるんで(照)

(照れてる場合じゃない 笑)


クモの網の円網は、
横糸に粘
液のついた糸があり、
獲物が粘りつくようになっていて、
網を歩くときは粘りのない縦糸をつたって歩くので
自分は網にひっかからないのは大人になって知りました。

 

そんなことを考えながら僕は

日光に光り輝く糸の美しさ、模様の美しさ

しばし見とれてしまいました。
IMG_2916

 

人気ブログランキングに参加しております。
よかったら、一日一回クリックして下さい。
Click once a day, please.


社長ブログランキング


引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://ky5210.blog.jp/archives/3882288.html