サプリメントで医療費控除?(米岡)

昨今の健康ブームにより、様々なサプリメントを購入出来るようになりました。

健康のため、治療のためなど、目的も色々です。

ときには、医師の指導に基づいてサプリメントを購入することもあるそうです。

ところで、サプリメントの購入費用は医療費控除の対象となるのでしょうか?

裁判で争われた事例がありますので、ご紹介いたします。

生計一の配偶者の不妊症治療のため、医師の指導によりサプリメントを購入し、確定申告において医療費控除の対象として計算しました。

すると、課税庁からサプリメントの購入費用は医療費控除の対象にならないとして否認されてしまいました。

これを不服として、その処分の取り消しを提訴しました。

裁判所の判断は・・・

バツ

残念

裁判所は何を理由に訴えを棄却したのでしょうか?

ヒントはいつも、税法の中に

所得税法73条では次のように規定しています。

「医療費控除における医療費とは、医師又は歯科医師による診療又は治療、治療又は療養に必要な医薬品の購入・・・」

事例のサプリメントの購入は、この「医薬品の購入」に当たるのでは?と思われる方も多いのではないでしょうか?

「だって、医師の指導で買ったんだから治療でしょ?」

ここでポイントになるのが「医薬品」について条文中で独自に規定されていないということです。

裁判所は次のように判断をしています。

「法的安定性及び課税上の公平の見地から、本来の法分野である薬事法2条1項所定の『医薬品』の概念を借用することにしたものと解される・・・」

つまり、その製造販売について厚生労働大臣の承認を受けたものでない限り、たとえ医師の指導であれ、成分が同等であれ、それを医療費控除の対象とすることは薬事法の目的及び内容にそぐわないからダメですということです

因みに、控訴審、最高裁においても訴えは棄却されました

税法は生活に馴染みがないもの。

迷ったら、専門家に相談しましょう

************************************
ーお客様のための正義ー
税理士法人ジャスティス会計事務所
https://www.jastis.co.jp

法人・個人顧問契約のご依頼
相続税申告のご依頼は

03-3639-2027 まで

初回無料相談承ります!
************************************

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://blog.livedoor.jp/cpadiary/archives/52550887.html