好き、嫌い

先日知り合いに
「吉川Pって言葉遣いが優しいですね」
と言われました。

えっ?それどういうこと?
って自分でも少し混乱。

理由を問うと
「吉川Pって、言い方が間接的。」
と言われました。

具体的に言われて、なんとなく納得しました。
たしかに即物的な言い方は避けますね。
生々しい言い方も避けます。

僕、「キライ」って言わないそうです。
「好きではないかも」
って言うって。

とか「気持ちがない」とかいう言い方をするって。

それは、両親に感謝しないといけません。
僕、あんまり嫌いな物がないんです。
食べ物を筆頭に。

大切に育ててもらいました。

知り合いはいろいろなものに対して、
好きか嫌いかはっきりしているから
「これは嫌い」「これは好き」
とはっきり言います。

「嫌い」じゃなく、僕は「好きではない」
と、たしかに言いますね。
でもそれは本心で(笑)

「嫌い」なものがそれほどないんです。

言葉遣いが優しいかどうかはわからないけど
人に不愉快に思う言葉は言わないように
気をつけていきたいです。

もし、配慮のない言葉を言ったときには、ぜひその場で指導して下さい。
僕の本心ではないと思うので・・・

鹿のカチューシャ

人気ブログランキングに参加しております。
よかったら、一日一回クリックして下さい。
Click once a day, please.


社長ブログランキング

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://ky5210.blog.jp/archives/4200404.html