税制改正大綱発表される(塩原)

新聞やニュースでご存知の方も多いと思いますが、
昨日与党より「令和2年度税制改正大綱」が発表されました。
140786_1-3_2アップ

個人的に気になった点を2点上げてみますと

国外中古建物の不動産所得に係る損益通算等の特例の創設
 主に富裕層の方を中心に、
 海外不動産を取得しそこで発生する損失を
 国内所得と通算する手法が問題視されていましたが、
 そこに対して規制が入るとのことです。
 令和3年以後の各年において適用される模様です。

居住用賃貸建物等の取得等に係る消費税の仕入税額控除制度等の適正化
 過去何度も改正が入っていた内容ですが、
 ついに抜本的な改正内容となったようです。
 原則的には令和2年10月1日以後の仕入より
 適用される模様です。

今後様々な場で改正内容に関する解説や検討が
発表されると思いますが、
引き続き注視していきたいと思います。

************************************
ーお客様のための正義ー
税理士法人ジャスティス会計事務所
https://www.jastis.co.jp

法人・個人顧問契約のご依頼
相続税申告のご依頼は

03-3639-2027 まで

初回無料相談承ります!
************************************

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://blog.livedoor.jp/cpadiary/archives/52552768.html