成果を上げる目標管理とは

働き方改革では、生産性を上げることが一つの重要テーマです。

業務プロセスは目標管理を通じて、より効果的/効率的に成果を生み出します。
目標は、ビジネスプロセスを確実に管理、実行することで達成できる。

ビジネスプロセス管理とは、方針/目標を明確にし、それを達成するための「計画/仕組み/方法」を作り、それをこなす力量を養成することで、充実します。
 
1)「方針/目標」を明確にする
達成すべきことを明確にすると、成果はおのずと上がります。
「方針/目標」→「原点、理念、経営方針、方向性、あるべき姿、価値観、数値目標、例えば江戸期名家の家訓」です。

2)「計画/仕組み/方法」を作る
方針/目標を達成するためには、達成のための計画とそれを可能にする仕組みが必要です。
また、どのようにするかの「方法」も重要になってきます。
必要な5W1Hを明確にして、具体的に実行できるようにします。

3)「力量」を養成する
「人」については、教育訓練、コミュニケーションの十分な実施。
ハードインフラとしての「機械/設備」は、要求される性能の確保、そして必要なら買い替える。
ソフトインフラとしての「パソコンソフト/業務手順書」は、業務内容に合わせて、必要なソフトを準備する。

また、仕組みにも力量があります。
例えば飲酒運転が法律の厳格化で減りました。
実施せざるを得ない、守らざる得ない仕組みにすることです。

目標や計画が未達成の場合、上記3点の着眼点からどこに課題があるかを発見し、解決策を検討し、実行に移すことが重要です。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://blog.livedoor.jp/iso_hiramatsu/archives/52288853.html