すぎ

こんなにも雪が降らない冬が過去にあったかどうかは分からないが、自分の記憶の中では初めてかもしれないぐらい本当に少ない。降ったら降ったで降りすぎだと言ってしまったりするのだが、今回は降らなさすぎだ。

除雪の仕事している関係上、よく他の方からは「出動しないので儲かるね」と言われるのだが、実はそうではない部分もある。当社は民間駐車場との契約が主で、ほとんどがシーズン契約だ。言われるように出動しないので、経費は掛からずその分はもちろん利益にはなるのだが、排雪は別料金となっている。なのである程度降ってくれないと排雪ダンプの仕事が無くなってしまい、それはそれで困るのだ。

何事も「すぎ」は良くない。私自身だと飲みすぎや食べすぎが当てはまる。自然界の「すぎ」はどうすることも出来ないが、私のは何とか出来ることだ。自分の「すぎ」には注意したいと思う。

昨今の働き方改革は、働き「すぎ」を是正する目的もあるのだが、これも中々難しい問題だ。この問題をクリアにするには雇用を増やすか利益を増やすしかない。企業にとってはかなりの難題だ。これは考えすぎになってしまう。

これからの経営は、その「すぎ」を考えながら、丁度良い部分を探しながら進めて行かなければならない。業界的にはかなりの変化が待っていそうだ。これは雪どころの話ではないな。。。

20191230_163216

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://blog.livedoor.jp/nisshin_unyu/archives/50801857.html