心の家計簿

人は金銭に対して、ほぼ無意識で処理される心の家計簿を持つ。

これによって出費に伴う心理的痛みは異なる。

例えば、部落1生活費、日常の買い物と旅先での買い物、1人のときの外食と恋人との会食、飲み会で支払うお金と本題、競馬やパチンコで当たったときのお金の使い道と通常の給料の使い道など。

現金支払いとクレジットカード、あるいはロンドンの支払いについても、心の家計簿は違うようである。

 

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://blog.livedoor.jp/iso_hiramatsu/archives/52289581.html